ユニッツ
顧客管理システム
無料版・有料版

無料版ダウンロード 》

ネットワーク共有(データベース共有)機能
顧客情報の共有やグループウエアとして

ネットワーク共有機能有料版でご利用いただけます。ご購入はこちらから

顧客データベースを社内で共有

顧客データベース共有 社内LANが繋がっていれば、UNITS顧客管理システムの顧客データベースをネットワーク上で共有することができます。

顧客データベース共有 顧客情報を常に共有しておくことで、担当者の入れ替わりの際の引き継ぎや、不在時の対応に役立ちます。

顧客データベース共有 顧客情報の共有、連絡帳(連絡メモ)の共有、スケジュールの共有ができます。
スケジュールを共有することで、簡単なグループウェアとしてもご利用いただけます。

ネットワーク共有方法

1. ネットワーク上のパソコン、サーバ、NAS(LANハードディスク)に書き込み可能な共有フォルダを作成します。
※共有フォルダは、書き込み可能に設定します。

共有設定画面

2. UNITS顧客管理システムをインストールしたパソコンの「C:\UNITSCS2\」にある「D-CustData.mdb」を、1.で作成した共有フォルダにコピーします。

3. UNITS顧客管理システムを起動し、ログイン画面の右下の「参照↓」ボタンを押します。
※UNITS顧客管理システム 有料版のライセンスキー認証をされてない場合は、ライセンスキーの有無の確認メッセージが表示されます。
有料版(ライセンスキー)は、こちらからご購入できます。

ログイン画面

4. データベース参照の管理IDを入力する画面が表示されます。
※管理IDは、セットアップファイルについている「Readme.txt」に記述されています。

管理ID画面

5. ログイン画面の下部に、現在のデータベースファイル参照先が表示されます。
「参照」ボタンを押して、1.で作成した共有フォルダの「D-CustData.mdb」を指定します。

データベースファイル参照先指定画面

【ご注意】

※ネットワーク共有(有料版を購入)される前に、社内LAN内で共有フォルダを参照、書き込みできるかどうかをご確認してください。

※社内のセキュリティ設定によっては、共有フォルダへの書き込みなどをユーザ権限で制限されている場合ございますのでご注意ください。

※社内でのセキュリティ設定、Windowsログインユーザー権限などにご注意ください。
UNITS顧客管理システムは、管理者権限(Administrator)でセットアップして頂いて、管理者権限でご利用ください。

※共有される場合は、安定した社内LAN回線(有線LAN)でご利用ください。
無線LAN環境、クラウド環境でご利用されますと、データベースが破損する場合がございますので、絶対にご利用されませんようにお願い致します。
(データベースの修復、調査は有償対応となります。破損状態によっては修復できない場合がございます。)

無線LAN環境、クラウド環境での不具合、エラー、データベースファイルの破損は、サポート対応できかねますのであらかじめご了承ください。

UNITS顧客管理システム SQL-Server版尚、ネットワーク内の共有設定やセキュリティの設定は、システム管理ご担当の方にご確認ください。

SQL-Server版のご購入はこちらからお見積をご依頼くださいパソコン6台以上でネットワーク共有をされる場合は、UNITS顧客管理システム SQL-Server版をご利用ください。

※ユニッツ顧客管理システム無料版・有料版ともに、自動でバージョンアップされます。管理する手間がありません。

※ユニッツ顧客管理システムは、情報流出のリスクを出来る限り回避するために、顧客データをパソコン内(有料版の場合は社内のサーバーやパソコン同士での共有も可能)で管理する顧客管理ソフトです。
登録された顧客情報などがWEBサーバ上に保管されたり、当社へ送信されることはありません。

顧客管理システム有料版のご購入はこちら
ページのトップへ戻る